メッセージ

 はじめまして!
 森林活用コンサルタントの大成浩市(おおなりこういち)です。

 僕は森と出会い、森と格闘して少し大人になれたと思います。
 辛いとき悲しいとき、森はなにもいわないけれど答えを教えてくれました。

 今、日本の森林は人に見捨てられ、汚されています。
 そして人も、年間の自殺者が3万人を超え続けていることからもわかるように、瀕死の状態にあります。
 僕の願いは、森と街が幸せな結婚をすることです。そして、人が輝き、日本の森林を誇りにできるようになってもらいたいのです。
 さあ、森に行ってみましょう!

大成浩市(おおなりこういち)経歴

1969年、東大安田講堂陥落の年に生まれる。 小学生の頃から旅行好き。小学校低学年から、夏休みに国鉄の周遊券を買ってもらって、全国を旅した。寝るのは、駅の待合室か、夜行列車の中。青函連絡船の待合室に一週間住んでいたこともある。
小学校高学年で太宰治にはまる。当然、生家のある津軽まで行った。
高校のときは演劇部に入っていたが、もっぱらバイク(yamahaRZ250RR)をいじっていた。

何故か勉強はできたので、京都大学農学部に現役合格。農学部を志願した理由は、入れそうだったから。
大学在学中は、家庭教師のアルバイトなどをして、海外旅行にせっせと行った。一番、影響を受けたのはネパール。
大学を卒業後、一瞬、某銀行に就職するが、なじめず退職。大学の卒業論文のテーマである過疎村の調査地として通っていた富山県利賀村で働く。森林組合の職員として、村中の山を歩いた。
また、村おこしの試みとして、利賀村青年山村協力隊を提案。実現して、今でも数十人の若者が都会から村に移住するようになった。

林業に携わることによって、その抱える根深い問題に関心を持つ。林業に関わらず、日本社会の問題なのだと思うが。
それを研究したいと思い、京都大学大学院農学研究科に入学。正しくは入院か・・・。研究成果としては、ヤンマーの学生懸賞論文で最優秀賞をとったり、学会発表、専門誌(山林、森林組合:雑誌の名前です(^^;)へ寄稿。
また、インターネットにも興味を持っていて1996年12月には、最初の自分のホームページ(Kon's Net-Forest)を作った。日本で最初の林業ホームページだった。ちなみに、Yahoo!JAPANができたのが1996年2月。今となっては、隔世の感がある。
そんな経験もあり、全国森林組合連合会主催のホームページ「N.W.森林いきいき(http://www.nw-mori.or.jp)」の掲示板案内役として、森林に携わる人々の情報交換につとめた。また、林業に就業したいという人に講演するなど、もっぱら林業を盛り上げる実践をしていた。

また、研究しつつも、何故かアフリカンポップス(リンガラ)のバンド「京都ランガランガ」のリードギタリストとして、日本中をツアーする。たのしい思いでだ。
食えない学生生活だったので 、アルバイトで某ディベロッパーに入ってた。提案力などが社長の眼にとまり、アルバイトながら企画開発部長になった。部下も多いときで10人近くいた。大規模商業施設建設の計画を任され、アメリカのショッピングモールなどを見て回ったり、計画作成に追われていた。

大学院5年目で就職の口があり、京都大学に助手として就職。しかし、調査でラオスに行ってマラリアにかかる。熱帯熱マラリアという悪性のマラリアで死にかける。一週間で10kgもダイエットした。
その後も体調不良などで、仕事がなかなか手につかず、また、研究者という立場にも疑問を持っていたこともあって、退職。


現在、フリーでライター・Web制作をしている。インターネットを使って、新しいことをしていきたいと思っている。夢は、日本を森林大国にすること。また、志のある人達の助けになりたいとも思っている。